Reflectix

労働環境改善と、経費削減の奥の手「リフレクティックス」

リフレクティックスとは

熱がこもりやすく通気性の悪い作業所では、熱がこもり、エアコンがフル稼働であってもなかなか涼しくなりません。そこで選ばれるのが“断熱材”ですが、断熱材の反射率は10%と低く、ゆっくりと熱を伝える性能と、熱を吸収してしまう性能が働き、夜間に外気が冷えても、むしろ断熱材からゆっくりと熱が放射され、熱帯夜に拍車をかける結果となります。
そこで今選ばれているのが『リフレクティックス』
リフレクティックスとは、ビルや工場の熱さ・寒さ対策と、快適な労働環境に寄与する超薄型高遮熱材です。
日射により誘引される輻射熱を反射する遮熱材シートとして使用され、家屋の屋根、壁などに施工することで、夏の陽射しを反射し、室内の温度上昇を防ぎます。
従来の断熱材では輻射熱反射率は10%と低く、残り90%の吸収した熱を室内に放射してしまいます。そのため、『冬は暖かいが夏は暑過ぎる』という傾向がありますが、リフレクティックスの輻射熱反射率は99.99%と断熱材に比べ格段に高く、外からの熱線を防ぎ、室内の冷気を逃さないことで涼しさを保つ環境を実現します。

輻射熱

輻射熱とは、輻射という熱を持った物質が放つ電磁波が、別の物質にぶつかって熱に変わった時に発生する熱のことを指します。 例えば、夏に太陽を浴びると暑いと感じます。しかし、同じ外気でも、木陰に入ると涼しいと感じますよね。それは太陽の輻射熱が直接体に当たり、熱を発生しているから暑く感じ、反対に木陰に入ると輻射熱を葉っぱや木の根がカットしてくれるので涼しいと感じるのです。つまり、私達が太陽の光で暖まる事ができるのは、輻射熱があるからなのです。
すなわち、「暑い」「寒い」と感じるのは温度ではなく、この輻射熱が関係してくるということで、リフレクティックスはこの輻射熱をカットしてくれるのです。

製品紹介

アメリカのリフレクティックス社が持つ「優れた反射技術」は、超高熱環境で使用する宇宙船及び宇宙服の反射絶縁材料として宇宙産業に採用されました。以来、様々な技術を駆使し、進化し現在あるシンプル構造体のリフレクティックスが完成しました。

商品名:リフレクティックス
サイズ:7.93mm厚×1,220mm幅×38m長
荷 姿:600mmΦ×1,220mm幅
重 量:14.1kg/ロール
リフレクティックスの構造は、両面の高純度アルミ箔(純度99.99%)に、
2枚のバブルポリエチレンシートと3枚のポリエチレンシートが内蔵された単純構造体です。

■商品名/専用アルミ絶縁テープ
■サイズ/72mm幅×45.6m

施工事例紹介

リフレクティックスは従来の断熱材と異なり、施工することで夏季は外部からの熱を反射し、冬季は内部の熱を逃しません。熱線を遮断することで快適空間の創造と省エネ・CO2削減に大いに貢献します。実際にリフレクティックスを導入した事例から、経済効果の実績をご紹介します。

リフレクティックス・グラスウールのランニングコスト比較

Case.01

  • はま寿司 南風原津嘉山店(平成25年7月オープン)

    空調器合計容量:33.6kw/リフレクティックス施工(工事費200万円)

  • はま寿司 北谷店(平成25年10月オープン)

    空調器合計容量:33.6kw  グラスウール施工(工事費60万円)

電気量の差は3345kwh

1ヶ月のランニングコスト93,660円の削減に成功!

Case.02

  • 株式会社ISOWA(段ボール生産機械メーカー)

    愛媛県春日井市/施工面積: 屋根約5,000㎡ 壁2,000㎡/床面積: 約4,000㎡
    施主様の目的
    ・工場内の温熱環境の整備による作業効率の向上
    ・熱中症対策
    ・空調設備増設検討からコスト削減
    既設空調:ヒートポンプエアコン40kW×5台=200kW/スポットクーラー10台

    • ご提案
      » エネルギー削減率 63%
      【現状】最大冷房負荷(必要冷房容量) 1,815kW
      【遮熱施工後】最大冷房負荷(必要冷房容量) 672kW
      » 工場を稼動させたまま施工が可能

    • 効果実績
      » エネルギー削減率 89%達成 必要冷房容量1,815kWに対して既存容量200kWのみで対応可能になりました。 ※以前は、冷房が全く効かず工場内温度が45℃まで達していた。

エネルギー削減率89%達成!

工場を稼働させたままの施工で、
臨時休業の必要もなく電力消費量削減!

PageTop